カテゴリー: 未分類

オンラインサロンで救われた話

前回の続きです。

 

一発逆転したくて、アフィリエイトに手を出したものはいいですが、初心者が新規参入をするには難しいジャンルでした。

もっと言えば、本気になってなかったということがあります。

カッコつけて出来ることをしない、未知だからしない。というのはザラにありました。

でも自分では一生懸命しているつもりだったんですね。

客観的に自分を見れなかったんだと思います。

もちろん成功するわけもなく、焦りだけが募りました。

 

後にアフィリエイトで成功するのですが、それは少し先の未来です。

オンラインサロンを始める

 

アフィリエイトで、にっちもさっちもいかない時に、オンラインサロンの存在を知りました。

堀江さんと、お笑い芸人のキングコング西野さんから広まりましたが、最初はオンラインサロンをする気もなく、こんなものがあるんだ程度でした。

でもお金が無くなり、また仕事を探すかどうかのところまで来てしまい、他の稼ぎ先も考えてオンラインサロンに手を出すことにしました。

作るにあたり自分の提供できるコンテンツを生かしたオンラインサロンを作る必要があります。

ですが何も知らなかったので、まずは人のオンラインサロンに入りました。

金もなく何でもよかったので、当時乱立していたオンラインの中から月1000円のオンラインサロンに入りました。

3ヶ月の間、毎月違うサロンに入りました。

中にはオンラインサロンの意味をなさないサロンから、為になったサロンまで様々でした。

 

オンラインサロンとは

オンラインサロンはご存じでしょうか!?

僕はこのおかげで、今の生活があります。

しかし知らない人には知らないジャンルでもあります。

そこで少し解説いたします。

オンラインサロンとは

 

オンラインで、会員制のコミュニティを作る場所です。

2010年代からサービスはありましたが、爆発的に増えたのは堀江貴文さんと、お笑いコンビのキングコング西野さんがオンラインサロンを開設したことにより一気に認知度があがりました。

それから色々な芸能人や著名人、一般人などがこぞって開設しました。

分かりやすい記事がenjinさんにあったので、ご紹介します。

 

オンラインサロンは、月額会員制のオンラインコミュニティのこと。

参加者以外にしか見ることのできないチャットグループのようなもの……と考えるとわかりやすいかもしれません。

実際、オンラインサロンの活動の場として、Facebookの非公開グループといったSNSが用意されることもあります。

サロン内では、主催者が投稿する限定コンテンツを閲覧できるほか、参加者どうしで感想や意見交換を行ったり、サロンによっては会員限定の「オフ会(参加者が実際に会うこと)」を開催する場合もあります。

つまり会員だけのコミュニティです。

 

オンラインサロンで変われた

半ばクビのようにバイトを辞めて、自由に生きると決意したとき、とりあえずネットの世界で生きていこうと決めた。

アフィリエイトで生きていくつもりだったけど、最初は鳴かず飛ばず。

でもそんなときにオンラインサロンに出会い、変われました。

詳しい話は次回に!

断捨離と生き方

一度断捨離をしたことがあります。

このブログでも紹介しましたが、ミニマリストに憧れてほとんどの荷物、家具を手放してしまいました。

詳細は過去のブログを読んでもらえたら分かりますが、大失敗。

数日で嫌になり、またマンション、家具などを買い直す羽目になりました。

自分には合わなかったこと、住む場所があるという安心感がどれだけ大事かが学ぶことはできましたが、大失敗でした。

すぐに元の状態に

断捨離した当初は家具を、本当に必要か考えて買うことを誓いました。

新しい家具は吟味して買う、もう買わないと誓いましたが、でも現状は元以上に家具と荷物が増えてしまいました。

そこでもう一度断捨離をしようかなと思っています。

部屋をスッキリさせたいです。

荷物が多いと、引っ越すときに後悔してしまいますしね。

 

一流は物が少ない

 

出来る人ほど家の中の物は少ないと言います。

断捨離に限らず近づきたかったらマネしてみます、モデリングするのは大事ですよ。

分かっていたのですが、昔から部屋を汚くしてしまうタイプなので思い立ったが吉日、部屋を改善することにしました。

しかし断捨離を進めるべく行動を起こしていますが、中々進みませんね。

そこで前回不用品回収は、不用品回収もしている富山の解体業者に頼みました。

家を壊す解体業者は、便利屋を併設していて、不用品回収を行っているところも多いので助かりました。

中には一緒に片付けまでしてくれる業者もあるらしいですが、それはさすがに恥ずかしいので辞めました(笑)

生き方を見つめ直す人が増えてきたような気がします。

今、世界中で色々なことが変わりました。

多かれ少なかれコロナの影響を受けたことだと思います。

世界が目まぐるしく動いています。

そこで、感じるのが生き方を見つめ直す人が増えた。ということ。

 

今まで考えてなかった人からの相談が増えた。

 

今まで、自分の生き方に疑問を持たなかったような人からの相談も増えました。

務めている人からの相談、今まで自由と言われていた人からの相談、今まで働いていなかった人からの相談。

置かれている状況や立場はバラバラですが、共通していることは「不安」だということです。

自由を選択した人も、またその生き方を考え直すキッカケになるほど、世界は動いているのだと感じました。

誰も知らない領域に突入した感じがします。

 

 

そんな私も今までの生き方で良いのか、自問自答をしています。

この先どう生きていくのか?生きていけるのか?

マイナスな事は考えないようにしていますが、ついつい時間が出来ると考えてしまいます。

誰しも変わらずにはいられない時代に入ったと思います。

 

落ち着きを取り戻しつつある

 

ですが1年近くたち、世の中も少し落ち着いてきました。

感染が減った増えたの話ではなく、良くも悪くも落ち着いてきました。

世界共通でマスクは必需品になりましたし、酷い国は今も減らず、増え続けているという話も聞きます。

 

 

ですが少しずつ、元に戻りつつあります。

冬にまた感染が増えるなんて言われていますが。

そんな中で自分はどう変わるのだろうと、楽しみでもあり、不安でもあります。

ノマドといえば、Macbookはいかが!?

ノマドワーカー必須のアイテムとはなんでしょうか!?

私としてはノマドワーカーは、カッコつけてナンボだと思っています。

一昔前のノマドワーカーの間で、海外にMacbook持って移住するのが流行りました。

海が見えるところで、Macbook片手にドヤ顔を決める。

後は、スタバでMac片手にドヤ顔決めるも定番ですね。

 

想像できると思います。

これが爆発的に流行りました。

主観でいいなら今は減りつつあるイメージです。

でも私は大好きですけどね「どう、今自分オシャレでしょう」アピール。

サボりやすいからこそ、必須なこと

ノマドワーカーは、サボりやすいです。

ノマドになるつもりで仕事を辞めても、仕事を辞めた瞬間折れてしまう人も多いから、自分自身のテンションを奮い立たせることは積極的にするべきだと思っています。

分かりやすいのが、Macbookだと思います。

YouTuberも、有名どころの人はほとんどがMacで編集していますね。

毎年、新型Macが出るたびにレビューしている人もいます。

気を付けて欲しいのは、Macは高いです。

そして、高いわりに、Windowsと比べると、性能があまり高くありません。

YouTubeはしていないので、詳しくないのですがYouTubeの編集をしようと思ったら、かなり高いMacを買う必要があります。

同じ性能なら、MacはWindowsと比べて10万円以上高いです。

何故Macはこんなに高いか、それはブランドです。

なぜみんなMacを使うか、これもブランドです。

ちなみに私は、Windows(笑)

次にしたこと。

アフィリエイトは2年という歳月がかかりましたが、軌道に乗ることが出来ました。

ですが、ある日検索順位を決めるアルゴリズムが変わり、ガクッと順位を落とすことになりました。

それまでトップ層を争っていたのに、私のサイトが一ページ目から消えたのです。

もちろん売り上げは激減。

アフィリエイトだけではいつか稼げなくなるかもと思ったので次の一手を考える必要がありました。

アフィリエイトに変わって

アフィリエイトも辞めたわけではありませんが、私に出来ることなんて限られています。

なので次はアフィリエイトを教える側に回りました。

結局これ以外何も出来そうになかったからです。

まずはブログを開設して、そこから集客をしていました。

と、アフィリエイトの代わりが見つかったのはいいですが、その後が大変でした(笑)

人対人というのは、一筋縄ではいかないもので、これも軌道に乗るまで時間がかかりました。

アフィリエイトは楽して稼げるものではないのですが、楽して稼ぐというイメージがあるので、中には楽して稼げると勘違いしてやってくる人もいます。

同じ理由でアフィリエイトを始めた私がいうのもなんですが、アフィリエイトは楽して稼ぐものではありません。

人の役にたつということ

教える側に回り、だんだんと人の役に立つのが嬉しくなってきました。

私も初心者でしたので、去る人もいましたが、成功する人もチラホラ出てくるようになってきてから、やりがいみたいなものを感じ始めていました。

 

最初に挑戦したこと

僕は元々、レールにすら乗れない人生でした。

そんな私に出来る仕事といえば、体を使う肉体労働のみ。

それなりに高い給料をもらうことは出来ましたが、朝から晩まで親方の怒鳴り声や、不良的な上下関係の厳しい人間関係で、精神的、肉体的疲労にも我慢できなくなっていました。

レールに乗れなかったと言うと、よく勘違いされるのですが、私自身は学生時代、でレールに乗れなかった方です、だから怒鳴られることが、怖いのなんの(笑)

なのでパソコン一台だけで、普通に働くだけでは到底稼げない金額を得ることが出来るネットの仕事をしてみようと思ったのが、今の仕事を始めた切っ掛けでした。

最初はアフィリエイトに挑戦

最初はアフィリエイトブログをしました。

パソコンでお金を稼ぐ方法なんて、アフィリエイトしか思いつかなかったからです。

そこで初めて、小銭程度の広告収入を得るわけです。

そこからがまた長く、軌道に乗るのに時間がかかるのですが、一刻も早く仕事を辞めたかったので、この時点で仕事は辞めました。

なので、私の自由な生活はここから始まったのです。

食べれるようになるまで焦りはありましたが、貧乏生活ですが解放感はありましたね。

ネットのアフィリエイトの記事を見ていると、数ヶ月で結果を出している内容が多いけど、私は2年くらいかかりました。

本気出せば、もう少し短期間で結果を出せたと思いますが、ダラダラしていた期間があったため、短期間では結果を残すことが出来ませんでした(笑)

最初はそんな感じでした。

人間関係のリセット

自由な生き方の最大のメリット、嫌な人と関わらなくていい。

人間関係のリセットが出来ます。

会社員をすると、付き合いたくない人とも付き合わないといけません。

嫌味を言う上司、めんどくさい友人、苦手な知人。

ここで重要なのは、上手に対処するのではなく、全部縁を切ることが出来ます。

どこでも仕事が出来るということは

どこでも仕事が出来るという事は、その場所に囚われないということでもあります。

つまり人間関係が嫌になれば、去ることが出来ます。

パソコン一台あれば大丈夫ですので、私自身何度引っ越ししたか分かりません。

それでも、自由に生きている割には、引っ越し回数が少ない方なのかな?

人と比べたことがないので、ちょっと分かんないですが、5回くらいでしょうか・・・

しかし私はあまり、引っ越しは好きではありません、荷物をまとめるのが苦手で面倒です。

それに、パソコン片手に、家にこもっている方が多いですから、人間関係が来薄です(笑)

だから、少ない方なのかもしれません。

人付き合いが少ない

続いて、リセットすることで、自分に起きたデメリットを上げていきます。

・友人知人が減る。

リセットすることにより、間違いなく知り合いというものが減ります。

切りたくなかった人まで、切らなければいけないこともありました。

人間には繋がりがあるので、知り合いと、切りたい嫌な人と繋がっている人もいますから。

私は元から友達がいない少ないから全然平気ですけどね!

必要家具、やっと揃う。

こんにちは、前に少しだけミニマリストとして生きてみました。

マンションも引き払い、家具なども便利屋に引き取ってもらいました。

ですが結果は私には合わず、大失敗でしたが、学ぶことは出来ました。

でも、この究極のミニマリスト、カッコイイ生き方だと思います。

家具を揃えた

家具、揃えるまで2~3ヶ月かかりました。

今回はテレビも新調しました。

偏った報道も多いと言われていますが、情報源としては優秀です。

そして、迷ったのが本棚。

本棚ってすごいデカくて場所をとります。

結局買いませんでした。

今回はせっかくですし、必要な家具かどうか吟味して買いました、本当に必要なのかどうか。

パソコンデスクもコンパクトなものを買いました。

前までは、社長が使っているようなデスクを使っていましたが、結局ほとんどのスペースを使いませんでした。

キーボードをどかせば、書類を書くスペースは十分すぎるほど確保できますし、問題はありません。

その他もろもろも買い、やっとミニマリストをする前の生活に戻れました。

でも以前よりも考えて買うようになり、前はテーブルでご飯を食べていましたが、今はデスクのキーボードをどかしてデスクで食べています。

究極を体験したことで、プチミニマリストになれた

一度全部なくすことで、私もプチミニマリストになれたような気がします。

確かに合わないライフスタイルではありますが、色々な+な効果をもたらしてくれました。

必要なものは買わなくなりました!

 

不登校について、将来に影響したのか。

 

不登校について、最近はイジメなどで辛かったら学校に行かなくてもいいと発信する人が増えてきましたね。

私も学生時代、引きこもりだった時期、過去がありますので、辛いことがあるのなら「学校に行かなくてもいい」という考えは賛成です。

ただし、それがあるから今の生き方に繋がったわけではありません。

しかし実際は、行かなかったら将来どうなるのか「学校に行かなくてもいい」の先は誰も教えてくれません。

元不登校ということをカミングアウトすると、何かと今の私の生き方と絡めたがる人が出てきます。

でも、私にとっては黒歴史です、別に繋がっているわけではないと自分では思います。

出席日数が、高校入学に影響しますし、人生の最初の分かれ目は高校のレベルによると思っています。

引きこもり方が大事

私が引きこもりをしていた時は、寝る時と、ご飯以外はずっとゲームをしていました。

こんな時間の使い方はよろしくありませんが、実際にはこのような時間の使い方をしている子は多いですね・・・

結論から書けば、その後の人生に影響しない訳がありませんでした。

しかし、私の場合はゲームを心から楽しめなかった事を思い出しました。

何をしてても、何か負い目というか、後ろから追われている感じがして、特に中3の頃はそうでした。

みんな受験勉強をしている中で、1人寂しくゲームをしていると、空しくなってくるんです。

ゲームをしたくて、しているわけではない・・・ではないですが(笑)

何か忘れれる間がないと、人生やってられませんでした。

それでもっとも手っ取り早いのが、ゲームだということです。

当時はパソコンがなかったのですが、今はパソコンもありますし、色々な生き方を選択できる時代です。

いい例として、不登校のユーチューバーも話題になりました。

賛否両論ですが、全部が全部ではないけれど、どちらかといえば私は肯定派です。

明るく引きこもりたかったです。