自由に生きたいけど、顔出ししたくなかった。

こんにちは、今日は自分が会社を辞めてネットで生きるぞ!と決めたときの話です。

最初に出てきたのは、ノマドワーカーと言われている人たちです。

場所や時間に縛られない仕事は、とても魅力的でした。

「毎日朝に起きて、眠い目をこすりながら出勤しなくてもいい仕事なんだ!」と思ったのです。

ですが、ノマドワーカーを調べているうちに、実際の有名なノマドワーカーさんたちは殆どネットやテレビで顔出しをしていました。

自分はネットで顔出しするのがどうしても抵抗があり、一番したくありませんでした。

ということで、如何にか顔出しをせずに済み、時間に融通のある仕事はないものかと・・・

ここで、当時の自分の理想の仕事条件を書いていきたいと思います。

  • 時間の自由。
  • お金の自由。
  • 場所の自由。
  • 楽な仕事。

これが理想でした。

時間の自由が手に入れば「昼まで毎日寝れる!」と思いましたし、お金は誰だってほしいですよね(笑)

通勤もしたくなかったですし、どこでも働ける環境が欲しかった。

楽な仕事がしたかったのは、いくら働く時間が自由でも、辛い仕事で肉体も心も疲れてしまっては、仕事が終われば、結局はダラダラ過ごすことになると思ったからです。

こうやって見ると、怠けものです(笑)

ですが、私は怠けきった毎日を過ごしたかったのです。

究極的な理想は、今でも不労取得ですしね!

どうせ仕事を辞めるなら、理想を追い求めてみようと思ったわけでございます。

でも、生きるための理想のお金の稼ぎ方に苦労しました。

いつか、その話にも触れようと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です